出国前検査証明書について

2021/7/1
要注意
 日本入国時に必要な検査証明書の要件について、有効な検体、検査方法等が記載された検査証明書のみ有効と取り扱われます。しかし、カタール国内で発行される検査証明書では、検体の表記が同要件を満たさないため、有効な証明書として見なされず、日本入国時にトラブルが生じており、入国が拒否される可能性がございます。
 カタール国内の検査機関では、日本政府が指定する所定フォーマットの利用を通常は断られておりますが、当館からの要請に応じていただいた下記の検査機関3か所では、所定フォーマットの利用が可能となっておりますので、いずれかの検査機関において、同フォーマットによる検査証明書を取得してください。

※ 交付された検査証明書の記入漏れによるトラブルが発生しております。受領の際には、記載内容に不備がないか自らご確認ください。
  なお、カタール国内で受検した場合、
    ・採取検体「鼻咽頭ぬぐい液」
    ・検査法「核酸増幅検査(real time RT-PCR法)
となり、その他、結果、結果判明日、検体採取日時、検査機関名、医師の署名、検査機関のスタンプ、氏名・パスポート番号などの受検者に関する情報が記載されている必要があります。「備考」を除く全ての項目が記載されていることをご確認ください。
また、万が一に備え、ハマド・メディカル・コーポレーションによる検査証明書(「Virology COVID-19PCR」と記載されたもの)も併せてご持参いただくことをお勧めいたします。

出国前検査証明フォーマット
日本 入国時に必要な検査証明書の要件について
本邦渡航予定者用Q&A
○カタール国内における所定フォーマット使用可能な検査機関
  • Al Esraa Polyclinic
  • West Bay Medicare
  • Future Medical Center
※ 現在、受検から検査証明取得まで24~48時間を要するとされておりますのでご注意ください。